犬の無駄吠えをやめてくれない その原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬はどうして無駄吠えをするのでしょうか?
その話をする前に、まず「無駄吠え」とは人間の勝手な都合による表現の仕方である事を念頭に置きましょう。

吠える事自体は犬にとって自然な行為です。
人間にとって、都合が悪い場面で吠える犬の行為を勝手に「無駄吠え」と呼んでいます。

例えば飼い主の留守中や来客時など、吠えて欲しくない時に吠える犬は多いです。 散歩中に他の犬を見かけ、盛大に吠え出すワンちゃんも多いですよね。

これは犬自身の不安を周りに伝える為だったり、縄張り意識からくる自然な行動ですし、 他の犬を見かけて吠える行為は犬の社会では自然な事なのですが、飼い主にとってはしてほしくない行動であるため、 無駄吠えと呼んでいます。

うるさいとつい叱りたくなりますが、それはしないでください。
犬はしゃべる事ができないため、吠える事で周りに何かを伝えなくてはなりません。 それをむやみに禁止するというのはしてはいけない事だと思います。

なので、吠えて欲しくない時に吠えると腹が立つ事もありますが、 まずは何らかのサインを伝えたがっている、と理解してあげてください。

ただ、しつこく吠え続けるという行動は問題であり、人間の社会に混じって暮らすには犬にとっても飼い主にとってもデメリットが大きく、 なおしてあげた方が犬の為にもなるでしょう

無駄吠えの矯正は、普通のしつけと大きくは変わりませんが、時間がかかります。 吠える原因も犬によってさまざまであるため、まずはそれを見極めた上で、しつけする事が大切です。


例えば犬はどんな時に無駄吠えする?

犬が無駄吠えする原因としては、以下のようなものがあげられます。

例えば飼い主さんに構ってほしい、お腹が空いた、散歩に連れて行って欲しいというような「欲求や要求」、 また来客時や、見知らぬ人の姿が見えた時に、「縄張り意識」が働いて吠え出したり、 飼い主の留守時に「不安」を感じて吠える犬もいるでしょう。
・要求・欲求不満
・ 仲間を守る、縄張り意識が働く
・不安
欲求不満による無駄吠えは、単なるワンちゃんのわがまま(吠えれば要求が叶う)によるものと、 食事や環境など、必要なものが満たされていなくて吠え続ける場合もありますので、 後者の場合はまずそれを満たしてあげましょう。

縄張り意識や仲間を守ろうという行為は、飼い主さんとの主従関係がきちんとできていないために、 自分が仲間を守らなくてはいけないという意識から起こる事が多いようです。

飼い主さんとの主従関係を理解させ、飼い主がリーダーだと認識させる事が出来れば、 インターフォンがなるたびに吠えるような事はなくなるでしょうし、もし吠えたとしても、飼い主の号令でぴたりとやむはずです。

いつまでも吠え続けるというのは、主従関係ができておらず、自分よりも飼い主さんの方が下の立場にいると思い込んでいるのかもれません。

先にも書いたとおり、犬が吠える事は決して悪い事ではなく、犬にとっては周りに何かを伝える為の手段の一つを使っているにすぎないため、 むやみに禁止させるのは良くありません。

そこを理解したうえで、そのワンちゃんや飼い主の環境にあった対処をしてあげる事が大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



効果が高いといわれる無駄吠え防止首輪。
しかし、無駄吠え防止首輪と一口に言っても様々なタイプが存在します。

上記ページでは、おすすめできる製品とおすすめできない製品について詳しく解説するとともに、おすすめの製品をご紹介しています。


関連記事


Copyright © 2016 - 犬の無駄吠えやめさせ隊. All Rights Reserved.  (サイト概要